認定看護師

認定看護師とは

このサイトでは、キャリアアップのために認定看護師をオススメしていますが、そもそも認定看護師とは、どんなものなのでしょうか?

 

看護師が取得できる資格に「認定看護師」がありますが、この認定看護師制度の目的は現場での看護ケアの広がりと質の向上を図るものといわれています。
そのため資格取得のためには熟練した看護技術と知識を持っていることが条件で、高い水準の看護ができることが必要です。

 

認定看護師になるには、日本看護協会が実施する認定審査に合格し、特定の分野で熟練した看護技術及び知識があることを認められる必要があります。

 

認定看護分野は制度委員会が認めた分野で2010年2月時点では21の分野があります。
救急看護、皮ふ・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊看護、新生児集中、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護の21分野です。

 

資格取得までにはまず日本における看護師としての免許を持っていることが条件です。
さらに免許を取ってから実務研修5年以上でそのうち3年以上認定看護を希望する分野での実務研修が必要です。
そのうえで認定看護師教育機関(課程)で6か月615時間以上終了し、認定審査の筆記試験を受けます。

 

この試験に合格すれば認定証が交付・登録されます。
資格は5年ごとの更新が必要で、そのたびに書類審査がありますのでそれまでの看護実務や自己研さんの成果が確認されます。

認定看護師について関連ページ

看護師のキャリアアップについて
認定看護師は、キャリアアップの近道です。でも取得する前にキャリアアップについて考えてみませんか?
認定看護師取得までの費用
認定看護師を目指すにしても、費用がかかります。ここでは、取得までの大まかな
認定看護師と求人サイトについて
認定看護師を特に働きながら取得したいなら、求人サイトを利用するといいですよ。