認定看護師

専門的な知識や技術が必要になるため、認定看護師取得までには費用も時間もかかります。
なので思い立ったらすぐ始めるというわけにはいかず、準備が必要になります。
ちなみに費用はどれくらいかかるのかをご紹介しておきます。

 

全体で合計すると約200万円ですが、認定取得までにかかる費用は個人差があります。
そのうち全員共通かかる費用は約100万円で、その内訳は入試検定料約5万円・入学金約5万円・授業料約70万円・実習費約10万円・認定審査費用5万円・認定費用5万円です。

 

しかし交通機関を使わず通学したり、参考書なども購入せずに学習をしたりするのは難しいので、その他の費用もかかってきます。
もし教育機関へ通うのは遠すぎる場合短期間賃貸マンションを借りることも必要になるかもしれません。
そうなれば生活費や家具を調達する費用もかかってきます。
住むところから準備して認定看護師取得まで過ごすには、家賃・引っ越し費用・宿泊費・交通費・参考書代・パソコンやプリンターソフト代などがかかりますのでこの合計が約100万円でしょう。

 

ですが勤務する病院によっては認定看護師を取得するための費用を助成してくれることがあります。
助成内容は、例えば無利子で費用を貸出し・授業料の半分を助成・入学金の助成・受験費用や交通費を支援などです。
もしくは、日本看護協会の奨学金の貸与を受けたり県や市が運営する看護師等就学資金を利用したりする方法があります。
費用を準備するのが大変と諦めてしまう前に、利用できそうな制度を探してみるのがお勧めです。

認定看護師取得までの費用関連ページ

看護師のキャリアアップについて
認定看護師は、キャリアアップの近道です。でも取得する前にキャリアアップについて考えてみませんか?
認定看護師について
認定看護師について解説しています。
認定看護師と求人サイトについて
認定看護師を特に働きながら取得したいなら、求人サイトを利用するといいですよ。