認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師とは

がんにかかる人の数は年々増加する一方で、がんで亡くなる人の数も増えています。
ガン患者のうち診断時にすでに痛みを感じている人は3割で、進行がんになると6〜7割が、末期がんでは7.5割というデータがあります。
症状の一つである痛みを除くために、WHO方式ガン疼痛治療法を行ったところ8〜9割の患者に作用が見られたといわれています。
しかしこれは世界的なデータであり、日本ではまだそこまでのがん治療が行われておらず、専門的な治療が行える機関や人材が求められています。
患者自身の痛みを取り除きそれによってQOLを高められるよう援助を行ったり、患者とその家族が効果的な疼痛緩和法を行えるように指導を行う働きを担うのががん性疼痛看護認定看護師です。
ですので、がん性疼痛看護認定看護師のような専門的な知識と技術のある看護師は今後も大きく期待される役割となっていくでしょう。

がん性疼痛看護認定看護師の資格を取るためには、認定試験に合格し登録する必要があります。
そのためには専門の教育機関で学習する必要があり、その専門機関に入学するためにも実務などの条件があります。
まず日本での看護師資格を持っていること、そして通算3年以上、がん患者の看護実績があることが必要です。
さらに病棟での看護実績があると望ましいでしょう。
そして病状の進行などによって持続的な痛みが生じるがん患者の看護実績が5例以上あることです。

現在勤務している病院での仕事をさらに深めるため、より自信をもって患者やその家族のケアにあたるために資格取得はおすすめできます。

その他、がん系の認定看護師参考に↓
がん化学療法認定看護師について
乳がん看護認定看護師について

がん性疼痛看護認定看護師関連ページ

小児救急看護認定看護師
小児救急看護認定看護師について解説して行きます。
救急看護認定看護師
救急看護認定看護師について解説して行きます。
集中ケア認定看護師
集中ケア認定看護師について解説して行きます。
皮膚・排出ケア認定看護師
皮膚・排出ケア認定看護師について解説して行きます。
緩和ケア認定看護師
緩和ケア認定看護師について解説して行きます。
がん化学療法認定看護師
がん化学療法認定看護師について解説して行きます。
感染管理認定看護師
感染管理認定看護師について解説して行きます。
不妊症看護認定看護師
不妊症看護認定看護師について解説して行きます。
訪問看護認定看護師
訪問看護認定看護師について解説して行きます。
糖尿病看護認定看護師
糖尿病看護認定看護師について解説して行きます。
新生児集中ケア認定看護師
新生児集中ケア認定看護師について解説して行きます。
透析看護認定看護師
透析看護認定看護師について解説して行きます。
手術看護認定看護師
手術看護認定看護師について解説して行きます。
乳がん看護認定看護師
乳がん看護認定看護師について解説して行きます。