認定看護師

小児救急看護認定看護師とは

救急外来を受診する子供やその家族への対応が社会問題としてメディアなどでも取り上げられることが多くなりました。
小児科医が減っている中で、専門の知識がある小児救急看護認定看護師の存在が社会的にも求められるようになってきました。
ちなみに救急外来に子供を連れてくる家族の7割は軽度の症状だといわれています。
ですが中には重症化する恐れのある症状もありますので、その見極めが重要になります。

 

現代のように核家族が多い世の中ではなく、おじいちゃんおばあちゃんが一緒に住んでいるのが当たり前の時代では子供が熱を出した時でも年長者の経験から大丈夫かどうかを判断し医者に見せたものでした。
しかし現在では子供の状況から判断するのは母親もしくは父親しかいないこともあり、すぐに救急へ連れて行くという人も増えているため小児救急看護の必要性が高まっているのです。
その他にも子どもへの虐待、育児能力が低下している家族への支援も小児救急看護の中で求められていることです。

 

小児救急看護認定看護師になるためには、まず実務経験があることが前提になります。
看護師としての実務経験通算3年以上で、しかも救急分野もしくは小児分野の実務であることが必要です。
「通算」ですので、途中で他科へ移動になっていても合わせて計算することができます。
そして小児救急患者・家族の看護を5例以上担当したという実績があることも条件になります。
現在救急看護または小児看護に携わっているとなお良いでしょう。

小児救急看護認定看護師関連ページ

救急看護認定看護師
救急看護認定看護師について解説して行きます。
集中ケア認定看護師
集中ケア認定看護師について解説して行きます。
皮膚・排出ケア認定看護師
皮膚・排出ケア認定看護師について解説して行きます。
緩和ケア認定看護師
緩和ケア認定看護師について解説して行きます。
がん性疼痛看護認定看護師
がん性疼痛看護認定看護師について解説して行きます。
がん化学療法認定看護師
がん化学療法認定看護師について解説して行きます。
感染管理認定看護師
感染管理認定看護師について解説して行きます。
不妊症看護認定看護師
不妊症看護認定看護師について解説して行きます。
訪問看護認定看護師
訪問看護認定看護師について解説して行きます。
糖尿病看護認定看護師
糖尿病看護認定看護師について解説して行きます。
新生児集中ケア認定看護師
新生児集中ケア認定看護師について解説して行きます。
透析看護認定看護師
透析看護認定看護師について解説して行きます。
手術看護認定看護師
手術看護認定看護師について解説して行きます。
乳がん看護認定看護師
乳がん看護認定看護師について解説して行きます。