専門看護師の種類

専門看護師の種類

専門看護師は、11の分野で専門看護師制度が始まっており、それぞれの分野で認定が行われています。
その種類としては「がん看護」「精神看護」「地域看護」「老人看護」「小児看護」「母性看護」「慢性疾患看護」「急性・重症患者看護」「感染症看護」「家族支援」「在宅看護」があります。

 

これらの分野を含めて、専門看護師について解説して行きます。

専門看護師の種類記事一覧

がん看護とは

専門看護師は、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた看護師を指し、保健医療福祉の発展の貢献や、看護学の向上を図ることを目的とされ整備された制度です。時代によって変化する看護ニーズに対して、独立した専門...

≫続きを読む

地域看護とは

現在では看護師のニーズが非常に多いものとして認知されており、慢性的に人手不足とされている一面を持っています。看護師の資格を取得している方の中には、更なる学習を行うことによって、専門看護師として勤務することを希望している方も存在しています。専門看護師の中には比較的ニーズの多いものとして地域看護というも...

≫続きを読む

老人看護とは

看護協会が定めている認定資格である専門看護師。実践よりも、看護全体を総合的にみて調整する役割や、看護の研究という役割が強いこの立場、看護全体の質の向上を目的とし、作られました。2014年時点で11分野、認定されています。がん看護や精神看護、小児看護など様々専門的分野でわかれています。そこで老人看護と...

≫続きを読む

小児看護とは

小児看護とは0〜15歳の小さな子供の病気を専門に看護を行う看護分野です。小児科では、基本的に骨折などの怪我で入院している患者からアレルギーなどの慢性疾患、小児がんなどの重篤な患者まで、様々な疾患を抱える子供を扱っています。内科系疾患も外科系疾患も子供の発達段階に対応できる知識が必要になります。例えば...

≫続きを読む

慢性疾患看護とは

日本でも様々な臓器で慢性疾患が有りますが慢性疾患の特徴と言えば治療期間が長く最悪は一生付き合っていかなくてはいけない疾患も多く、患者もメンタルのケアも看護師にとっては大事な仕事になってきます。やはり看護の難しさから一般の看護師より更にその疾患に対する知識や患者のメンタルケアの出来る専門看護師の存在が...

≫続きを読む

急性・重症患者看護とは

看護師の人手不足が叫ばれて久しいです。結婚を機に退職する看護師が多いのが最大の要因ですが、昨今では超高齢社会の到来による、介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどの求人が増えたことも、看護師の人手不足に拍車をかけている要因として考えられています。もはや看護師の勤務先は病院だけではないのです。しかし、...

≫続きを読む

感染症看護とは

日本に限らず感染症は最近のデング熱を始め多くの人に感染する危険性の有る危険な病気ですので日頃の自己管理も大切になってきますが、感染症に感染したら多くの場合は特別病棟に隔離されて特別な治療を受ける事になります。その際に患者につく看護師は専門看護師の中でも感染症看護の知識が深い看護師がつく事になり、患者...

≫続きを読む

家族支援とは

専門看護師と呼ばれているものがあります。一般的な看護師と異なって、さらに実務を経験し、該当する試験に合格することが条件とされているものになりますが、専門看護師の中でも家族支援専門看護師というものが用意されています。ここで言う家族支援とは、一般的な病院での看護師の仕事に関しては、患者に対して業務を遂行...

≫続きを読む

在宅看護とは

専門看護師と呼ばれる看護師も中にはいますが多くは一般の看護師の他にもそれぞれの分野において専門的な知識を持ち、分かりやすく言えばその分野のプロフェッショナルとも言える看護師とも言えるでしょう。最近では特に高齢者の患者も増加していますので在宅看護の資格を取得している看護師もいますので、多くの医療機関か...

≫続きを読む