専門看護師・老人看護

専門看護師の老人看護について

看護協会が定めている認定資格である専門看護師。実践よりも、看護全体を総合的にみて調整する役割や、看護の研究という役割が強いこの立場、看護全体の質の向上を目的とし、作られました。
2014年時点で11分野、認定されています。がん看護や精神看護、小児看護など様々専門的分野でわかれています。そこで老人看護とは、どの様な仕事内容
で何が求められる専門看護師なのでしょうか。
やはり、高齢者のケアが中心となるこの分野、行き詰ったり悩みがあるスタッフからの相談の対応、そして実際に高齢者や介護に悩んでいる家族のケアを行います。

 

老人看護とは、やはり高齢者の多くは健康体を保っている人ばかりではなく、慢性的な疾患を抱えながら日々生活しています。その症状は病気や個人の状態により異なります。当然、排泄や嚥下についても困難になる確率が年を重ねるごとに高くなります。

 

当然、認知症と言った可能性も出てきます。
そうするとそれぞれ、受けたい看護のニーズが違ってくるのです。トータル的なケアが老人看護には特に必要だと言われます。そこで専門看護師、熟練した対応能力や卓越した知識が求められます。
身体だけでなく、メンタル面でのケアを高齢者や家族を含めて行わなくてはなりません。
さらに老人看護とは、看護師や医師だけとの関わりだけではなく、場合や勤務先によっては介護士との連携も必要なケースがあります。
老人介護の専門看護師は高齢化社会が進む今後もニーズが高いと言えます。

老人看護とは関連ページ

がん看護とは
専門看護師の種類である『がん看護』について解説していきます。
地域看護とは
専門看護師の種類である『地域看護』について、詳細に解説します。
小児看護とは
専門看護師の種類である『小児看護』について、詳細に解説します。
慢性疾患看護とは
専門看護師の種類である『慢性疾患看護』について、詳細に解説します。
急性・重症患者看護とは
専門看護師の種類である『急性・重症患者看護』について、詳細に解説します。
感染症看護とは
専門看護師の種類である『感染症看護』について、詳細に解説します。
家族支援とは
専門看護師の種類である『家族支援』について、詳細に解説します。
在宅看護とは
専門看護師の種類である『在宅看護』について、詳細に解説します。