専門看護師・小児看護

小児看護とは、幅広い知識と高度な技術が必要な小児看護専門看護師

小児看護とは0〜15歳の小さな子供の病気を専門に看護を行う看護分野です。
小児科では、基本的に骨折などの怪我で入院している患者からアレルギーなどの慢性疾患、小児がんなどの重篤な患者まで、様々な疾患を抱える子供を扱って
います。
内科系疾患も外科系疾患も子供の発達段階に対応できる知識が必要になります。
例えば、大人に比べて血管が細い小さな子供は、一般的な診療科以上の技術が必要になります。
小児科で働く看護師の中には幅広い知識を身につけたいと小児看護専門看護師を目指す人も増えています。

 

小児看護とは、不安を抱える親御さんへの説明や精神的なサポートなど小児看護専門看護師の仕事は大切です。
内科、外科、整形外科、耳鼻科など様々な疾患を持った子ども達を診療科目の区別なく看護を行います。
その点からいえば、小児看護とはハードで細やかなケアが必要な現場です。
しかし、子どもたちが笑顔で遊んでいる姿を見ると、とてもうれしい気持ちになり、やりがいを感じるといいます。
専門看護師はその分野におけるプロフェッショナルといえます。只、小児看護の分野が必要とされながら小児看護専門看護師は僅か100人にも
満たないのが現状です。

 

小児看護専門看護師を目指すには、まず看護師免許を取得している事が原則です。
更に、小児看護専門の養成課程のある大学院修士課程修了者で、さらに小児看護の実務研修を5年以上積まなくては行けません。
その後認定試験を受け、試験に合格する事で専門看護師として認定されます。

 

小児看護とは関連ページ

がん看護とは
専門看護師の種類である『がん看護』について解説していきます。
地域看護とは
専門看護師の種類である『地域看護』について、詳細に解説します。
老人看護とは
専門看護師の種類である『老人看護』について、詳細に解説します。
慢性疾患看護とは
専門看護師の種類である『慢性疾患看護』について、詳細に解説します。
急性・重症患者看護とは
専門看護師の種類である『急性・重症患者看護』について、詳細に解説します。
感染症看護とは
専門看護師の種類である『感染症看護』について、詳細に解説します。
家族支援とは
専門看護師の種類である『家族支援』について、詳細に解説します。
在宅看護とは
専門看護師の種類である『在宅看護』について、詳細に解説します。